最終更新2010/03/07

貰いものの展覧会


管理人が他のサイトの方から戴いたもの。このサイトにお越しになる方の書いた小説・イラストを納める場所です。
この味気ないサイトに彩りを添えて下さる方はこちらをお読み下さい。
イラストは送り主の名前をクリックしますと表示されます。その後はブラウザの「戻る」でお戻り下さい。

なお、元になっている物の原作者・出版社・制作会社などは一切関係ありません。
励ましのお便りを送る際は「@」を適切な数にしてから送って下さい。
スパム対策にご理解とご協力を。


NOVELS
貰いものNOVELS第一節 「毒を喰らわば一蓮托生」
貰いものNOVELS第二節 「なまくら刀の二刀流」
貰いものNOVELS第三節 「長ったらしい三段論法」
貰いものNOVELS第四節 「円規で書いた四角形」
サクラ大戦
『ないものねだり』
内容・解説等
公演も終わったとある夏の日。帰省にわく大帝國劇場内での、平和な時間。そんなひとときに藤枝かえでが思うのは何?
仕事の事? 戦いの事? それとも……。('03/08/10)
小田原峻祐さん・著
作者さんに励ましのお便りを!
本文
サクラ大戦
『空白を埋める者』
内容・解説等
太正十三年一月。突然現れた「降魔」とかろうじて痛み分けた帝國華撃団。己を見つめ直し再修行する為に帝都を離れる花組隊員達。そんな無防備な帝都に呼ばれた一人の男・三條公彦とは……。('04/01/05)
小田原峻祐さん・著
作者さんに励ましのお便りを!
前編 中編 後編
サクラ大戦
『幕を引く力』
内容・解説等
三たび帝都を守り抜いた帝国華撃団。そんな時に振ってわいた「神崎すみれ引退」の報。技量も霊力も充分の筈の彼女がそうした決意を抱いたのは!?
その顛末をすみれの視点で描いた一作であります。('04/10/28)
小田原峻祐さん・著
作者さんに励ましのお便りを!
前編 中編 後編
サクラ大戦
『怪盗ロベリアの優雅な休暇(バカンス)』
内容・解説等
巴里華撃団への入隊を果たしたロベリア・カルリーニ。新人が入ると揉め事のひとつも起きるもの。その相手が自分とは正反対な人物であれば特に。
解決を担う5枚のカードが示す運命とは!('06/02/07)
NBT(ネオブラックタイガー)さん・著
作者さんに励ましのお便りを!
前編 後編
フルメタルパニック!
『偽りのアペリチーフ』
内容・解説等
クルツがヨーロッパのとある街で出会った、同じ年頃の美少女・クレア。
だが、おかしい。何かある。クレアにどこか噛み合わない「何か」を感じ取ったクルツが取った行動とは……。('05/03/15)
NBT(ネオブラックタイガー)さん・著
作者さんに励ましのお便りを!
本文
フルメタルパニック!
『日本人の条件』
内容・解説等
陣代高校での任務がスタートし、これまでの「違い」に戸惑う宗介。
日本人なら誰もが知っているある物を修得するべく東京より持ち帰ったMDが、メリダ島基地を巻き込む騒動へと発展する!?('05/03/26)
梶原睦月(梶原千早)さん・著
作者さんの所にも行ってみよう!
本文
フルメタルパニック!
『三分半のVERGE』
内容・解説等
任務の直前、夢の中で思い出した一人の少女。何かを予感するような夢は、すぐさま現実の出会いとなってクルツの前に現れる。それが決して喜ばしい事でないと知りつつも……。
「偽りのアペリチーフ」続編です。('05/04/01)
NBT(ネオブラックタイガー)さん・著
作者さんに励ましのお便りを!
本文
月姫
『いやしんぼう万歳』
内容・解説等
シエル・アルクェイド・志貴の三人で送る名店紹介番組。その番組をシナリオ形式でまとめてみました。名店の名店たるゆえんを皆様にお届け致します。
※めにまねさん閉鎖にあたり引き取ったものです。('10/03/07再掲載)
文月十日さん・著
作者さんのサイト消滅(泣)
超次郎 超布恒 超竹の実


VISUALS(?)(表示に時間がかかる事があります。ご理解とご了承を)

貰いものVISUALS(?)第一節 「いつも片目のパイレーツ」
貰いものVISUALS(?)第二節 「上下が別の正礼服」


「深海リョウさん」からの戴き物(「フルメタルパニック!」です)

残暑見舞兼「いつも有難うございます」お礼で頂いたかなめ嬢の水着姿のセクシーショット(笑)です。20ドルで100人に売りつけるつもりはありません(笑)。(50,000バイトくらい)
作者さんの所にも行ってみよう!


「よっこ餅さん」からの戴き物(「フルメタルパニック!」です)

かなめサンタのイラストを戴きました。かなめサンタはもちろんですが、袋に入ったボン太くんぬいぐるみがぷりてぃです。(71,000バイトくらい)
作者さんのサイトがなくなっちゃいました(泣)



トップへ
inserted by FC2 system